ハンディーカム・映像関連

2007年5月29日 (火)

○ AVCHDカム

 今年に入り、CANONがAVCHDの市場に入って来て用途によって

選択可能な状態になってきました。AVCHDと言うと、先日、ハイプ

ロを利用したフルHD記録のAVCHDカムSD3がパナソニックから発

売され、4:3の1080/60iから16:9のフルHDの記録が可能なAVCHD

製品が登場かと驚いたものです。

 以前、北米市場にAVCHDの新ラインナップをリリースしたソニー

ですが、日本市場にも新製品を投入するようです。

今回リリースされるのは、

 HDR-CX7 (メモリースティック記録型) 13万円前後
 HDR-SR7 (HDD記録型 60GB) 15万円前後
 HDR-SR8 (HDD記録型 100GB) 17万円前後

の3種類となっています。発売日はHDR-CX7が7月10日、HDR-SR7/8

が6月20日となっている

 スペックは以前の記事に書いた北米製品と同様で、HDR-SR8という

100GBの大容量の製品がラインナップされています。

 ソニーとしては、AVCHDはミドルプロファイルで十分であると

言う見解から製品はハイプロファイルは利用しないようで、先日、

PLAYSTATION3でも対応となった自社の製品が対応している

[ x.v.Color ]

での記録を売りにしています。

メモリースティック製品は、後方にバッテリーパックを装着するス

タイルの製品で、サイズがSD3を下回る世界最小のAVCHDカムとな

っており、HDDカムの方も、上位版は100GBですから、バッテリー

の許す限りフルHD画質で思いっきり撮れると言うなかなか凄い代物

となっています。

 AVCHDのソリューションはまだ途上ですが、興味深い製品だなと

思います。

 ○ メーカーサイト
   ソニー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

○ CANON 同社初のAVCHDカムリリース

米CANONは、同社初のAVCJDカムを北米市場で8月より発売すると発表

しました。今回リリースされるのは単板式のDVD記録型製品で、

 HR10 ( 1,199ドル )

と言う名称となっています。

DVD記録製品なので、利用できるメディアは

 ・ DVD-R/RW
 ・ DVD-R DL

に対応しており、撮影素子は 1/2.7型の総画素数296万画素

CMOSセンサーが利用されています。

撮影時の解像度は、1920x1080とフルハイビジョンとなって

おり、垂直の間引を行ったHDVでお馴染みの1440x1080での

記録となっているようです。

1,440×1,080ドット時の録画モードとして、

 XP+(12Mbps)
 XP(9Mbps)
 SP(7Mbps)
 LP(5Mbps)

が選択可能となっており、ノイズ除去にはノイズ低減には独自の

 DIGIC DV II

を搭載しているようです。

この製品には、24p Cine Mode と言うフィルムっぽい感じの出

るモードやフォーカススピードをユーザーが調整できたりと結構

面白い機能が搭載されているようです。

やはり実機がどんな感じなのかが解からないと判断は出来ません

が、どんな製品になるのか非常に興味深いところです。

外部センサーらしきモノもあるので同社独自のハイスピードAFに

対応だと結構楽しみな製品になりそうな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

○ 米SONY メモリースティック記録型 AVCHDカム発表

 米ソニーは、6月に新しいAVCHDカムをリリースするようですね。

ソニーというと、現在、DVD製品のラインナップが更新されており、

HDD製品は初期のラインナップでメモリー記録製品についてはリリ

ースされていませんでした。

しかし、今回、遂にメモリー記録型製品が登場するようです。

今回リリースされるのは、

 HDR-CX7 (メモリースティック記録型) 1,400ドル
 HDR-SR7 (HDD記録型 60GB) 1,200ドル
 HDR-SR5 (HDD記録型 40GB) 1,100ドル

の3種類となっています。

今回発売されるメモリースティック Duo記録型のCX7は

1/2.9型320万画素のクリアビッドCMOSセンサーを搭載し、

外形寸法が69×129×67mm(幅×奥行き×高さ)で重量が450g

という小型化を実現しており、このサイズはAVCHDカムでは世

界最小となっているようです。

この製品は、SDとHDの記録に対応しており、SDはMPEG2で、

HDはAVCHD ( MPEG4 AVC /H.264 ) で映像を保存でき、同社

の広色域色空間のx.v.Colorにも対応しているようです。

映像の記録は、HDは、XP/HQ/SP/LPの4モードが用意されており

4GBのメモリースティックPRO Duo利用時に

 XP  30分
 HQ  55分
 SP  65分
 LP  85分

の録画が可能となっており、SDでは5.1chドルビー記録にも対応

しているようです。

この製品のリリースと同時に転送速度の速い

メモリースティックPRO HG Duo

と、Express Cardアダプタ

MSAC-EX1

の発売も決まっているようです。

日本での発売のアナウンスはまだないのですが、非常に興味深い

製品のように思います。

SD3では、外部接続のバッテリーが付属となりましたが、この製

品はバッテリーが後方に接続する形状となっているのでバッテリ

ーと言う面では大丈夫かもしれないですね。

実際にどう言った絵が出てどんな製品になるのか楽しみな製品の

ように思います。

○ メーカーサイト
  ソニー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

○ AVCHD

去年規格が策定されたAVCHDですが、PANASONICのSD3の登場

により遂にフルHD記録が可能となりました。

新しい規格なので、出た当初は機材付属のソフトウェアでしか編

集できないと言う状態でしたが、機種の対応が微妙なのですが、

殆どの動画編集ソフトで読み込めるようになっています。

ただ、読み込みはできるのですが、書き出しはできないと言うモ

ノが多く、

 WMV HD
 AVI ( HuffYUV,MPEG4 ) 
 MOV
 MPEG4 HD
 MPEG2_TS

などで出力するしかなかったのですが、NEROのアップデートで

オーリングが可能となりました。現在はオーサリング環境は、そ

れだけで、AVCだとNEROと言う感じなのですが、また一つ出力を

サポートしたソフトが増えたようです。6月11日に発売される

Ulead Video Studio 11

では、AVCHDの読み込みと書き出しに対応するようです。

仕様を確認していないので解かり兼ねる部分はあるのですが、興

味深い所です。また、現行のバージョンと同様に640x480のサ

イズ限定はありますが、H.264の出力にも対応しているようです。

出力できるソフトが少ないと言うのがネックだったAVCHDですが

記録製品と再生環境も増えており、マシンスペックはMPEG2_TS

よりも高くなる傾向があるのですが、徐々に編集も楽しめる環境

になりつつあるのかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

○ フルHD

 今年3月にMPEG2_TS記録のフルHD ( 1920x1080 ) 記録可能

な民生機がビクターから発売されました。世界初のフジノンレンズ

と、フルHDの構成。そして、フロッグ軽減が見込めそうなHDD記

録とコンシューマにこんなモノが降りてきたのかと驚くような製品

が登場しました。ある種、編集機材と編集方法を完全に選んでしま

いますが、HD時代の到来を予感させるものでした。

 製品のラインナップを見ると、HDVの1080/60i ( 1440x1080 )

のMpeg2_TSでminiDVに記録するモノと、同サイズで、AVCHDに

て記録する製品がその多くを占め、HD製品はもうちょっと先になる

のかなと思っていました。

 しかし、以外と早くコンシューマHD製品の発表がなされました。

松下電器産業は、今月25日。世界初のフルHD記録型AVCHDカムを

リリースします。製品は2種類で、

・ HDC-SD3 (店頭予想価格 15万円前後)
・ HDC-DX3 (店頭予想価格 14万円前後)

となっています。

 HDC-SD3 は、SDメモリーカード記録型製品で、HDC-DX3 は、

DVD記録型の製品となっており、それぞれ現在市場で流通している

HDC-SD1 、HDC-DX1の後継機となります。このリリースと共に

HDC-SD1 、HDC-DX1は生産中止となる事が決まっています。

基本的にこの2製品は、記録媒体と形状以外は共通しているようです。

まず、1920x1080と言うフルHDサイズでのAVCHDでの記録。

AVCHDと言う規格は、MPEG4の拡張規格なのですが、基本的にSD

からフルHDまでサポートしています。今回そのフルHDのサイズに適

応させたモノとなったようです。

基本的に、SD1でも映像を捉えるのは1920x1080だったようで、そ

れを1440x1080に変換しAVCHDで記録していたのですが、今回は、

解像度変更無しにそれを行っているようです。

今後、パナソニックではフルHD記録製品にシフトするようでHDVで

お馴染みの1440x1080のサイズで記録する製品はでないです。

 記録方式は

 HF (1,920×1,080ドット / 13Mbps / CBR)
 HN (1,440×1,080ドット / 9Mbps / VBR)
 HE (1,440×1,080ドット / 6Mbps / VBR)

となっており、記録時間はHFの場合、4GBのSDカードで約40分、

DVDの片面では約14分の録画が可能となっています。

撮影素子には、1/4型総画素数56万画素のCCDを3枚利用した

 テルニオン 3CCD HD 

を搭載しています。

一番の違いは、不評だったバッテリー回りの改善でしょうか。

流石に同じ金型で射制成形をしていると思われるボディーは、

変更がなく、付属するバッテリーも共用なので、最大録画時間より

バッテリー容量の方が少ないのですが、前回にはなかった外部バッ

テリーがオプションとして発売されるようです。

多分に必須アイテムになりそうなそれですが、バッテリーキ

ットと大容量バッテリーを組み合わせると+3万円弱と言う感じに

なりそうです。

ソフトの方も変更がなされており、HD Writer もフルHD動画対応

バージョン

 HD Writer Ver1.5J for SD/DX

にアップデートされています。

1,920×1,080ドットの動画取り込み/編集/書き出しをサポートした

ほか、HD動画をMPEG-2のSD 解像度にダウンコンバートする機能も

追加されたようです。このソフトはDVDへのライティング機能を持た

ないのですが、DVDのライティングが可能なドライブが搭載されたP

Cでは最初からライティングソフトがバンドルされていると思われる

ので、それと連携することで、SDにコンバートしたMPEG2をDVDに

する事が可能となりました。つまり、Playstation3やAVCHD対応の

製品でなくとも再生可能となったわけです。

SD3に関しては、同社のBDレコーダのスロットからBD-REへの記録

が可能となっているようです。

5.1ch記録などの機能そのままに、フルHDとなった製品ですから、

映像の作りなどの違いやハイビジョンの難しさの一つであるフォー

カススピードなどがどうなっているのかなど気になることは多いの

ですが楽しみな製品だと思います。

今年に入り、HD製品が一気に3製品になりました。価格的に、その

1.5-2倍出すとプロシューマ用の小型機が買えてしまいそうなのです

が、ある種、こっちにシフトしてくるのかなと言う印象はありますね。

AVCHDと言うとソニーも製品を出していますし、HDD記録などだと

長時間記録が可能なこのフォーマットは魅力的なもののように思えま

す。

 ただ、今年序盤でHD記録製品が3製品ですから、今年はコンシュー

マハンディーカムのHD時代の幕開け的な年になるのかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

○ Everio HD「GZ-HD7」

Inpress Watch 内の AV Watch 内にて

Everio HD「GZ-HD7」のレビュー記事

がアップしてあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

○ 独り言

 最近、GUIベースMPEG4-AVC (H.264) のエンコードが可能な

ソフトが増えていますね。Super などもそうですが、少し前から

見掛けるようになった、PS3 Video 9 では、 Playstation 3 の再生

可能なファイル生成が可能となっています。

また、携帯動画変換君も、デフォルトでは、モバイル用の軽いファ

イルの出力となっているのですが、.iniファイルの設定を変更するこ

とにより、ハイビジョン画質のMPEG4-AVCファイルの出力を可能

としています。

動画のエンコードでは、20Mbps(動画のみ) でVC1を使うことが

多いのですが、Playstation 3を導入してからAVCでのエンコード

の頻度があがっています。VC1の場合、あまり描写が崩れる傾向が

少ないのですが、 MPEG4-AVCでは、動きのあるものは苦手なのか

な?と言う印象を受けます。

動きがゆったりとしているモノだとそうでもないのですが、動きのあ

るものだと、縦縞状のノイズが発生する傾向がありました。

(インターレースの出力で静止画像を出すと走査線が交互に出ますが

 あれが縦に出ていると言う感じです。)

ただ、ハイビジョンパネルへのHDMIでの出力ではないのでこの傾向

が全てで発生するとは言い兼ねるのですが、SD画質のディスプレイ

コンポジット出力(本体付属ケーブル)で接続した状況で再生した

ところそんな感じでした。

設定の問題なのか、24fpsで出したものを違うフレーム数でエンコー

ドしたせいなのか、それとも仕様なのかは解かり兼ねますが直る術を

模索しています。

とりあえず、

 ・ 設定や環境の変更
 ・ フレーム数の変更

などをやってみて状況の確認をしてみようかと考えています。

とりあえず、

○ PS3 Video 9 ( CBRで25Mbpsまで確認済 )

  ・ 720x480 ( 4:3 & 60fps設定可能 ) 
  ・ 1280x720 ( 16:9 & 60fps設定可能 )
  ・ 1440x1080 ( 16:9 & 60fps設定可能 )
  ・ 1920x1080 ( 16:9 & 60fps設定可能 )

○ 携帯動画変換君 ( CBRで40960bpsまで確認済 )

  ・ 720x480 ( 60fps設定可能 ) 
  ・ 1280x720 ( 60fps設定可能 )
  ・ 1440x1080 ( 60fps設定可能 )
  ・ 1920x1080 ( 60fps設定可能 )

と言う事まで確認できています。動作確認は、DVDメディアではなく

USB 2.0のポータブルHDD( 20GB )にて行っています。

携帯動画変換君には、

 ・ 2PASS
 ・ 高画質オプション
 ・ スレッド数指定(どこまで増えるかは不明)

などもあり興味深い部分があります。

また、PS3 Video9 にも Passに関するものがあるのでこれは

変更するとどう変わるのか気になるところです。

最初の頃、x264で出力したものを試してみたのですが、駄目だ

ったのですが、ffmpegのエンコーダを利用したモノではいける

感じです。

このツールで試して確認済みなのは、2chの設定で行ったモノの

みなのでそれ以外の設定があるのかもしれませんが確認はしてい

ません。

映像の縞模様のノイズ(ソースかハードか設定かは不明)の解消す

る方法を模索する必要があるのですが、気軽にPCがある環境で、

エンコードし、再生できる環境を構築できるのはありがたい気が

します。

ちなみに、PLAYSTATION 3 では、HDDFATでフォーマットした

もので、規格の上限まで認識するようです。

また、エンコードでは、

と言う環境で、

 VIDEO  : 1920x1080 , 25Mbps , 60fps ,
 AUDIO :  512kbps , 48000Hz , 2ch

の設定で3分程度の映像のエンコードでも1時間以上の時間を

要すると言う感じでした。

 

○ 関連サイト
  Red Kawa(PS3 VIDEO 9 サイト)
  MOBILEHACKERZ(携帯動画変換君サイト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

○ Adobe Photoshop Lightroom 英語版リリース

今日からAdobe Photoshop Lightroom 英語版のリリースが始まり

ましたね。このソフトは、デジタルカメラで撮影した画像を読み込

み、

・ 大量なDATAの管理
・ RAWデータの現像
・ スライドショーの作成
・ 印刷
・ インターネット用の素材作成

などが行えるツールです。このソフトは、オリジナルデータを損

なわずに調整やレタッチができる非破壊画像処理が可能となって

います。

以前、β版が無料でダウンロードできていましたが、製品版では、

 ・ 整理、レーティング、検索機能の向上
 ・ スポット修正ツールにより画像上のゴミを除去できる
 ・ シンプルなコントロールが可能な調整機能
 ・ スナップショットとヒストリーによる複数の設定を保存可能

などが可能となっています。

現在、日本でのAdobestoreでの注文は行っていないのですが、AM

AZONなどで購入は可能なようです。

推奨環境は、MAC,WINDOWS共に、

1GB以上のメモリー
1GB以上のHDDの容量
1024x768 での表示可能なVGA
CDROM

と言う条件となっていますが、最近は画素数が多い製品が殆んどな

ので、環境は強ければ強い 程いいと言う感じです。

現在、パッケージ版が米Amazonにて $197.99で販売されています。

また、登録が必要(登録無料)ですが米Adobeのサイトにて30日間利

用できるトライアルバージョンもダウンロードできるようになってい

るようです。

○ 関連サイト

  ・ Adobe Systems ( 英語サイト )
  ・ Amazon.com ( 英語サイト )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

○ 300万画素対応の光学3倍のレンズ

レンズメーカーのタムロンが、携帯電話用の300万画素対応

AF3倍ズームレンズユニットを開発したようです。

モジュールには、Scale Technologiesが開発した超小型モー

ター

「SQUIGGLE ピエゾ・セラミック・モーター」

が採用されており、電磁モーターよりも精密な動きが可能と

なっているほか、あらゆる焦点距離のすべての撮影距離で合

焦状態を保持できる、

” ズームレンズらしいズーム機能 ”

を搭載しているようです。

また、レンズエレメント間の高い芯精度により、高画質を実

現しているようで、実際にどんな絵が出てくるのか興味深い

モジュールといえます。

○ メーカーサイト
  タムロン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

○ アドビ、英語版「Adobe DV Rack HD2」「Adobe Ultra2」を販売

昨年、アメリカのAdobe Systems IncorporatedSerious Magic

の買収をしたのは記憶に新しいところですが、これによってアドビ社

 ・ Adobe DV Rack HD 2
 ・ Adobe Ultra 2


の販売権を持つことになりました。

DV Rack HD 2は、Fireware経由で、カメラの映像をPCに記録する

ツールで、カメラのアイリスやフォーカスなどのカメラコントロール

が可能なツールで、Adobe Ultra 2は、提供されている3Dバーチャ

ルセットと組み合わせることによって、短時間で簡単に背景との合成

ができるリアルタイムのキーイングソフトウェアとなっています。

この2つのツールですが、日本での販売が決定したようです。

アドビでは、6日よりアドビストアにて予約を開始しており、発売は

2月下旬を予定しているようです。価格はともに、48,000円となって

います。また、5月8日までFlash、Premiereなどの対象製品との同時

購入の場合は、購入時に特別価格の28,000円で提供されるようです。

このソフトは両方共WINDOWS版で、今回リリースされるのは英語版

となっています。また、MAC版に関してはリリースについては現在の

ところ未定となっています。

○ メーカーサイト
  アドビシステムズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)