« ○ 独り言 | トップページ | ○ HD取り込み »

2007年6月15日 (金)

○ プロジェクタ

 業務用では4Kx2Kのデジタルシネマの販売がはじまり、コンシューマでも

恐ろしい価格のHD製品が出ており高画質の出力製品も多くなってきましたが

エントリーモデルなども増えており、表示機材で考えると以前と比較すると

身近な製品になりつつあります。

 ただ、プロジェクタと言うと、距離が必要になるのでテレビと比較した場

合縦長の空間が必要になると言う特殊な条件が存在し、手が出ない方も多く

いらっしゃるかもしれません。

しかし、この距離が必要と言うのも近い未来条件として無くなる可能性があ

ります。 

三洋電機株式会社が今年12月21日に発売を予定している、

 「 LP-XL50 」

と言う液晶データプロジェクタは、なんと設置距離8cmから80型サイズの投写が

行なえるようです。

0.8型/1,024×768ドットの液晶パネル3枚を搭載した液晶データプロジェクタで、

レンズは単焦点/手動フォーカス、ランプは275W UHP1灯、明るさは2,000ルー

メンで、投写画面サイズは60〜80型(投写距離0〜8cm)と言うスペックになってい

ます。

この製品は、投影光を一度非球面ミラーに投写し、その反射光を本体上部からスク

リーンなどに投写する仕組みにより、設置距離の短縮を実現しており、本体は、縦

置き・横置きが選択できフレキシブルに利用できます。

まだ、巨大で、価格も60万円とすさまじいのですが、こういった製品がでてくれば

商社に必要な距離を必要としないテレビ感覚で設置距離を要さないプロジェクタも

増えていくのかなと言う期待感もありますし、今後の展開が楽しみです。

  

|

« ○ 独り言 | トップページ | ○ HD取り込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/6789936

この記事へのトラックバック一覧です: ○ プロジェクタ:

« ○ 独り言 | トップページ | ○ HD取り込み »