« 2007年5月 | トップページ

2007年6月

2007年6月26日 (火)

■ 変わったUSBハブ

PCと言うと、静音性を求めるので、ファンの口径を大きくしたり、回転数を

下げたり低電圧の集積を利用したり水冷やペルチェ素子を利用したりと

音が出ない環境を求める物ですが、それとは確実に逆行している製品が

リリースされるようです。

ソリッドアライアンスから7月中旬からリリースが決まっている

 USBエンジンハブ (同社直販価格 5,250円)

は、まさにロッカーズタイプのバイクエンジンを模した3ポートUSBハブで、

PCに接続すると、スタート音、キックペダルを押すとフカシ音、ギア操作で

加速音が鳴るほか、排気音にあわせてシリンダーが振動すると言う変わ

り種です。

USB製品と言うとサンコーレアモノショップや、USBメモリーでかなりの変わ

り種を見てきましたが、ついにここまで来たようです。

○ メーカーサイト

  ソリッドアライアンス (http://www.solidalliance.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 変わったUSBハブ

PCと言うと、静音性を求めるので、ファンの口径を大きくしたり、回転数を

下げたり低電圧の集積を利用したり水冷やペルチェ素子を利用したりと

音が出ない環境を求める物ですが、それとは確実に逆行している製品が

リリースされるようです。

ソリッドアライアンスから7月中旬からリリースが決まっている

 USBエンジンハブ (同社直販価格 5,250円)

は、まさにロッカーズタイプのバイクエンジンを模した3ポートUSBハブで、

PCに接続すると、スタート音、キックペダルを押すとフカシ音、ギア操作で

加速音が鳴るほか、排気音にあわせてシリンダーが振動すると言う変わ

り種です。

USB製品と言うとサンコーレアモノショップや、USBメモリーでかなりの変わ

り種を見てきましたが、ついにここまで来たようです。

○ メーカーサイト

  ソリッドアライアンス (http://www.solidalliance.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

○ PCでルービックキューブ

 LinuxのGPLライセンスのソフトには色々面白いソフトがあるのですが、

OPEN GLを使っていると思われるルービックキューブがあったのでイン

ストールしてみました。

 GNUbic

と言うソフトなのですが、キューブから外れ他部分をドラッグすると、キュ

ーブの向きを変更でき、キューブ面にあわせると、矢印が表示されその

方向にキューブを動かすことができます。

 久しぶりにやってみると、物凄く難しく、これがどんなにバラバラでも26手

で全面揃うと言うのが考えられないような状態です。

 暇つぶしとして考えるとなかなか遊べますし、結構疲れるので、ソフト的

には面白いかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

○ HD取り込み

 今までHD取り込みと言うとかなり高価なボードが必要でした。取り込むだけ

であれば、マシンパワーによる力業で取り込めなくもないのですが、基本的に

ボードによるハードウェアエンコードを可能とする製品を通すのが一般的です。

以前までは、かなり高価でしたが、カノープスからHQコーディックでの取り込

みが可能なフルHDキャプチャソフト

  HDREC  予定価格  95,000円(税別) 

が7月下旬に発売となるようです。

キャプチャ解像度は、

 1920×1080
 1440×1080 (1920 3/4)
 1280×1080 (1920 2/3)
 1280×1024
 1280×720
 960×720 (1280 3/4)
 1024×768
 800×600
 720×576
 720×486
 720×480
 640×480

となっており、取り込みは、映像が、

■ HDMI

  1920×1080/59.94,60i
  1920×1080/50i
  1280×720/59.94,60p
  1280×720/50p
  720×480/59.94,60p
  720×576/50p
  720×480/59.94,60i
  720×576/50i
  640×480/59.94,60p

■ DVI (市販のHDMI-DVI変換ケーブル等を使用してHDMI端子に接続可能)

  1280×1024/60p (*)
  1024×768/60p
  800×600/60p
  640×480/60p

■ アナログコンポーネント

  1920×1080/59.94i
  1920×1080/50i
  1280×720/59.94p
  1280×720/50p
  720×480/59.94p
  720×576/50p
  720×486/59.94i
  720×576/50i

■ Sビデオ、コンポジットビデオ

  
720×486/59.94i
  720×576/50i


■ アナログRGB

 
 1280×1024/60p (*)
  1024×768/60p
  800×600/60p
  640×480/60p

(*) 30pに間引いてキャプチャされます

となっており、サウンドは、LPCMの取り込みとなり、

■ ライン入力、モニタ出力

  ステレオ、24bit/48kHz

■ HDMI

LPCM、24bit/32,44.1,48kHz、2〜8ch

となっています。

  HDCP
  コピーアットワンス
  マクロビジョン
  ネバーコピー

などのコピーコントロールがかかった映像は利用できなくなっている他、

キャプチャはアップコンバートなどが行われず、映像そのままのサイズで

取り込まれるなど制約があります。

バスがPCI Express x1となっているので、特定の時期以降のマシンに限定

されるのですが、HQのハードウェアエンコードを行いながら取り込むよう

なのでマシンスペックさえ満たせばかなり利便性の高い製品のように思い

ます。

推奨スペックは、メーカー表記によると

CPU  Pentium 4 2.8GHz以上
メモリー  1GB(2GB以上を推奨)
HDD  SATA 3GB/S 7200rpm
 インストールに500MB以上の空き容量

となっています。ただ、映像や音声の場合、取り込んで終わりではないので

編集ソフトやコンポジットソフトの推奨環境より強い環境をチョイスしその

上で、このボードを利用すると言うのが賢明な選択かなと思います。

 現在、AVCHDもMPEG2_TS記録の製品もフルHD( 1920x1080/60i )の

製品が増えているので、こういった製品の登場は編集環境のコストダウンを

考える上でメリットが多そうですからなかなかいいように思います。

 HQが利用できる環境と編集ソフトを揃える必要がありますがHD編集の敷

居が少し低くしてくれるような製品のように思います。

 AVCHDに関しては、MPEG4 AVC / H.264のハードウェアエンコーダとア

クセラレーションの効くソフトの組合せが少ないので、エンコード時間が長い

イメージがあり、もう少し待たなければエンコードが長いと言う状況の改善は

無理(マシンの浮動小数点演算やSIMDなどにより速度向上はしています)な

のですが、HD編集環境は以前と比較すると相当敷居が低くなってきたかなと

言う印象を受けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

○ プロジェクタ

 業務用では4Kx2Kのデジタルシネマの販売がはじまり、コンシューマでも

恐ろしい価格のHD製品が出ており高画質の出力製品も多くなってきましたが

エントリーモデルなども増えており、表示機材で考えると以前と比較すると

身近な製品になりつつあります。

 ただ、プロジェクタと言うと、距離が必要になるのでテレビと比較した場

合縦長の空間が必要になると言う特殊な条件が存在し、手が出ない方も多く

いらっしゃるかもしれません。

しかし、この距離が必要と言うのも近い未来条件として無くなる可能性があ

ります。 

三洋電機株式会社が今年12月21日に発売を予定している、

 「 LP-XL50 」

と言う液晶データプロジェクタは、なんと設置距離8cmから80型サイズの投写が

行なえるようです。

0.8型/1,024×768ドットの液晶パネル3枚を搭載した液晶データプロジェクタで、

レンズは単焦点/手動フォーカス、ランプは275W UHP1灯、明るさは2,000ルー

メンで、投写画面サイズは60〜80型(投写距離0〜8cm)と言うスペックになってい

ます。

この製品は、投影光を一度非球面ミラーに投写し、その反射光を本体上部からスク

リーンなどに投写する仕組みにより、設置距離の短縮を実現しており、本体は、縦

置き・横置きが選択できフレキシブルに利用できます。

まだ、巨大で、価格も60万円とすさまじいのですが、こういった製品がでてくれば

商社に必要な距離を必要としないテレビ感覚で設置距離を要さないプロジェクタも

増えていくのかなと言う期待感もありますし、今後の展開が楽しみです。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

○ 独り言

 プロシューマ製品では、FX-7で外部HDDと言うオプションがあるのですが

コンシューマではそう言った製品が存在していません。

相当ニッチな製品になりますが、IEEE1394やUSBバスから出力し利用できる

外部HDDケースみたいなのがあると以外と便利なのでは?と思ったりします。

ダビングが行えれば、デジタル一眼レフとフォトストレージのような関係で利

用できますし、HDがフツーになりつつある現在において、大容量は必然なの

で、長時間録画用のサプライとして利用できれば、バッテリーの問題さえクリ

アできればかなり魅力的ですよね。

(モニタリングしながらPCのHDDに記録できるAdobe DV-Rack HD 2と言う
 製品があるのでPCを持ち出せない環境での撮影の場合になりますね。)

 HDD記録製品の場合、ストレージが埋まると終わりますし、他のメディアで

はメディアの枚数が必要になります。

 フォトストレージで、映像の確認はカメラサイドでストレージとして認識し

カメラで見ると言う状況で閲覧が可能で、録画時には、HDDレコードタイプの

製品のように機能する、ウェスト固定式のストレージであれば、録画時間の延

長と、バックアップの両面で利用でき便利かなと思います。

現実味を帯びさせると、2.5インチで換装可能な製品もしくは、そのサイズの

容量を特定した製品かなと...。

 相当ニッチな製品になりそうなので現実味はありませんが、ふと思ったので

書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ