« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月29日 (火)

○ AVCHDカム

 今年に入り、CANONがAVCHDの市場に入って来て用途によって

選択可能な状態になってきました。AVCHDと言うと、先日、ハイプ

ロを利用したフルHD記録のAVCHDカムSD3がパナソニックから発

売され、4:3の1080/60iから16:9のフルHDの記録が可能なAVCHD

製品が登場かと驚いたものです。

 以前、北米市場にAVCHDの新ラインナップをリリースしたソニー

ですが、日本市場にも新製品を投入するようです。

今回リリースされるのは、

 HDR-CX7 (メモリースティック記録型) 13万円前後
 HDR-SR7 (HDD記録型 60GB) 15万円前後
 HDR-SR8 (HDD記録型 100GB) 17万円前後

の3種類となっています。発売日はHDR-CX7が7月10日、HDR-SR7/8

が6月20日となっている

 スペックは以前の記事に書いた北米製品と同様で、HDR-SR8という

100GBの大容量の製品がラインナップされています。

 ソニーとしては、AVCHDはミドルプロファイルで十分であると

言う見解から製品はハイプロファイルは利用しないようで、先日、

PLAYSTATION3でも対応となった自社の製品が対応している

[ x.v.Color ]

での記録を売りにしています。

メモリースティック製品は、後方にバッテリーパックを装着するス

タイルの製品で、サイズがSD3を下回る世界最小のAVCHDカムとな

っており、HDDカムの方も、上位版は100GBですから、バッテリー

の許す限りフルHD画質で思いっきり撮れると言うなかなか凄い代物

となっています。

 AVCHDのソリューションはまだ途上ですが、興味深い製品だなと

思います。

 ○ メーカーサイト
   ソニー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

■ 記録領域のある BOOT CD

ソリッドアライアンス社は、Linux領域を持つハイブリッドメディア

 

「 myPdisc 」 ( 価格5,320円 )

を発売したようです。

OS部分には、SLACKWAREディストリビューションを利用した

 

Slax 5.1.8.1-3日本語版

がインストールされており、KnoppixなどのBootCDのように、

ROM領域にアプリケーションなども収録されているようです。

メディアは、DVD-RAMで、BOOT-CDの区画以外に3GBのユー

ザー区画が設けられており、そこにDATAの記録ができると言う

のが特徴となっています。

このOSを利用する場合、DVD-RAMメディアの再生と記録が行

えるドライブを用意する必要がありますが、ちょっと興味深い

作りといえます。

LiveCDなので、メモリーは多めに積んだ環境で操作するほうが

いいと言うのは変わらないと思うのですが、ネット接続の場合、

重要DATA を外部に流さないために、外付けのストレージなどに

DATAの退避をさせる事が必要かなと思います。

ただ、通常のBOOT-CDは物理メモリーの区画を記録領域として

利用しているのに対し、この製品では、区画をDVD-RAMに持た

せてあるので容量を気にしながら作業すると言う事もないでしょ

うし、HDDレスでもメディアにDATAが記録されているので急な

停電などでも、メディアに残るので消えない可能性が高いと言う

メリットはあります。

セキュリティーを高く保たなければならないと言う難しい部分は

ありますが面白いコンセプトだなと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 業界最大クラスの250GBのシリアルATA HDD

 富士通から、業界初となる 2.5インチの250GB HDDが発売

されるようです。発売は第2四半期7−9月となっているようです。

今回のモデルでは9.5mmの2枚プラッタ仕様と言う標準仕様でこ

の容量を実現しているようです。

 回転速度は、5400rpmとなっており、キャッシュは8MB。

平均シークタイムが12ms(読み出し)/14ms(書き込み)となっており、

気になる消費電力は、

 読み出し/書き込み時  1.9W
 アイドル時  0.6W(Slumber Mode)
 スタンバイ時  0.13W(Slumber Mode)

となっており動作音は24dBとかなりの水準を示しています。

モバイル製品の弱点は容量なのですが、不足気味なそれも解消され

そうな製品のように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

○ CANON 同社初のAVCHDカムリリース

米CANONは、同社初のAVCJDカムを北米市場で8月より発売すると発表

しました。今回リリースされるのは単板式のDVD記録型製品で、

 HR10 ( 1,199ドル )

と言う名称となっています。

DVD記録製品なので、利用できるメディアは

 ・ DVD-R/RW
 ・ DVD-R DL

に対応しており、撮影素子は 1/2.7型の総画素数296万画素

CMOSセンサーが利用されています。

撮影時の解像度は、1920x1080とフルハイビジョンとなって

おり、垂直の間引を行ったHDVでお馴染みの1440x1080での

記録となっているようです。

1,440×1,080ドット時の録画モードとして、

 XP+(12Mbps)
 XP(9Mbps)
 SP(7Mbps)
 LP(5Mbps)

が選択可能となっており、ノイズ除去にはノイズ低減には独自の

 DIGIC DV II

を搭載しているようです。

この製品には、24p Cine Mode と言うフィルムっぽい感じの出

るモードやフォーカススピードをユーザーが調整できたりと結構

面白い機能が搭載されているようです。

やはり実機がどんな感じなのかが解からないと判断は出来ません

が、どんな製品になるのか非常に興味深いところです。

外部センサーらしきモノもあるので同社独自のハイスピードAFに

対応だと結構楽しみな製品になりそうな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

○ 停電....。

ゴールデンウィークも今日で終わりということで、帰省ラッシュ

真っ盛りと言う感じですが、個人的には全く関係なく今日を向か

えています。

ゴールデンウィークは見事なまでに、体調をくずし、

”何がゴールデンや!ゴールデンやったのは食べたカレーだけや!!”

   ( 言ってみただけです...。 )

と言う得体の知れない状態だったのですが、今年は何だか物凄い

状態でした。久しく停電やブレーカーが飛ぶと言う経験をしておらず

停電対策を講じていない状況だったのですが、この連休中に見事なま

でに体感してしまいました。

PCを使っている状況でも、作業内容によって問題ないものと問題があ

る代物ってあると思うのですが、今回は、問題がある作業で停電が起

きてしまいました。折角の連休ということもあり、HDDの整理を含め

て、MPEG2やAVIをMPEG4 AVC(H.264)にエンコードをまとめて行

っておこうと思い、横たわりながら(半分死んでいました)ファイル

を選択し、エンコーディングをさせていました。

今回は複数のファイルを選択し、トータルで4時間分の動画となりま

した。ご存知の通り、MPEG4 AVCはとにかくエンコードに時間がか

かる訳ですが、480/29.97iのエンコードでも恐ろしい時間を要する

感じでした。

エンコードは順調に進み、短いファイルはどんどんエンコードされ最

後に一番長い90分の映像のエンコードが始まりました。

これで終わりと言う感じでエンコードが終わるのを別の作業をしなが

ら放置しておき、気がつくと98%程エンコードが終わっていました。

その時、外を見るといきなり暗雲が立ちこめてきて、薄暗くなり、雨

が降り始めました。

梅雨にはまだ早いけど、通り雨は降るのはかと思ったや先、何か家に

追突でもしてきたのか?と思うような物凄い音がして、その後に叩き

つけるような雨が降ったかと思うと、その途端、家の電気が丸ごと落

ちてしまいました。

そう、エンコードがまもなく終わると言うまさにその瞬間、落雷です。

エンコードとは違う何かが見事なまでに終わった気がしました。

他のファイルの処理が終わっていたので大半の処理は終わっていたの

ですが一番の大物が終わる間近で落ちるというのはダメージ受けまし

たし、予想外でした。

どれ位予想外かというと、昭和57年に行われた最強タッグの

 ザ・ファンクス VS ハンセン・ブロディー 戦

において、ブルーザー・ブロディーのリングシューズが脱がされ、そ

のシューズでスタン・ハンセンが殴打されリング外に力なく落ちた事

位です。( 不沈艦がリング外に沈んでいきました。)

ビッグブーツ誤爆とかではなく、ブーツでの殴打は多分試合の中では

そうそう発生するものではないでしょうし、まさか殴打されるとは当

人からしてもきっと予想外だったはずです。また、タッチに行く選手

の後方からフィニッシュになりそうなジャンピング・ニーでのタッチ

阻止とか、伝家の宝刀ウェスタン・ラリアットが足を捕まれて阻止さ

れるなどあの試合自体が予想外の連続だったように思います。

(こんなレトロな試合をG+ではプロレスクラシックと言う番組で取り扱っています)

とりあえず、体調は戻り、気をとり直してエンコードを行っているの

ですが、今年のゴールデンウィークは、歴代最悪の代物だったように

思います。

連休(と言うより病床に伏していただけかもしれない)も終わったし、

切替えていこうかなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »