« ■ 記録領域のある BOOT CD | トップページ | ○ 独り言 »

2007年5月29日 (火)

○ AVCHDカム

 今年に入り、CANONがAVCHDの市場に入って来て用途によって

選択可能な状態になってきました。AVCHDと言うと、先日、ハイプ

ロを利用したフルHD記録のAVCHDカムSD3がパナソニックから発

売され、4:3の1080/60iから16:9のフルHDの記録が可能なAVCHD

製品が登場かと驚いたものです。

 以前、北米市場にAVCHDの新ラインナップをリリースしたソニー

ですが、日本市場にも新製品を投入するようです。

今回リリースされるのは、

 HDR-CX7 (メモリースティック記録型) 13万円前後
 HDR-SR7 (HDD記録型 60GB) 15万円前後
 HDR-SR8 (HDD記録型 100GB) 17万円前後

の3種類となっています。発売日はHDR-CX7が7月10日、HDR-SR7/8

が6月20日となっている

 スペックは以前の記事に書いた北米製品と同様で、HDR-SR8という

100GBの大容量の製品がラインナップされています。

 ソニーとしては、AVCHDはミドルプロファイルで十分であると

言う見解から製品はハイプロファイルは利用しないようで、先日、

PLAYSTATION3でも対応となった自社の製品が対応している

[ x.v.Color ]

での記録を売りにしています。

メモリースティック製品は、後方にバッテリーパックを装着するス

タイルの製品で、サイズがSD3を下回る世界最小のAVCHDカムとな

っており、HDDカムの方も、上位版は100GBですから、バッテリー

の許す限りフルHD画質で思いっきり撮れると言うなかなか凄い代物

となっています。

 AVCHDのソリューションはまだ途上ですが、興味深い製品だなと

思います。

 ○ メーカーサイト
   ソニー

|

« ■ 記録領域のある BOOT CD | トップページ | ○ 独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/6594286

この記事へのトラックバック一覧です: ○ AVCHDカム:

« ■ 記録領域のある BOOT CD | トップページ | ○ 独り言 »