« ○ 独り言 | トップページ | ○ 免疫と耐性 »

2007年4月10日 (火)

○ DVDプレイヤー

 Div-XやWMVの再生と言うとPCと言う印象がありますが、バッ

ファローやアイ・オー・データなどからそう言ったファイルが

再生できる製品がリリースされています。

 DVD再生ではMPEG2が基本で、付加機能で音楽フォーマットに

ついてはサポートしているものが結構あるのですが、動画フォーマ

ットについては少ない感じがします。

 ただ、ここ数年、ゲーム機やプレイヤーのスペックを見てみると

そう言った、MPEG4フォーマットをサポートした製品が増えてい

る気がします。PLAYSTATION3でサポートしているのはMPEG4と

H.264ですし、X-box 360 では、WMV9とVC1のサポートをして

おり6月のアップデートでH.264とMPEG4がサポートされます。

 こう見ると、ある程度の価格帯だとそう言った付加機能を持って

いると言うのが現状と言えますね。

そんな中。パイオニアからWMVとDiv-Xの再生が可能なDVDプレイ

ヤーが6月上旬にリリースされるようです。

DV-600AV(予想実売価格 26,000円)

と言う製品なのですが、この製品はなかなかの優れもので、

DVDビデオ、記録メディア、VRモードの再生に対応しており、

MPEG4フォーマットである

 ・ Div-X
 ・ Div-X Ultra
 ・ WMV

にも対応しているようです。DIv-X Ultra と言うと字幕なども追加

できるモノで、最近のバージョンでは、HDサイズも対応している

コーディックです。WMV ( WMV9 や VC1 ) は、1920x1080の

出力に対応しているのでプレイヤーが対応していれば、HDコンテ

ンツの出力も可能となります。この辺りはカタログスペックがサ

イトにて公開されないと解からない部分ですが興味深いです。

また、音楽についても、CD再生が当然のように可能となっており

 ・ SACD
 ・ DVD-AUDIO

と言った高音質のメディアの再生に対応しています。

圧縮ファイルでは、

 ・ WMA
 ・ AAC
 ・ MP3

に対応しており、なかなかの対応状態となっています。

DVDの場合、720x480で記録されているので、ハイビジョンパ

ネルでは間延びしてしまうのですが、この製品では、アップスケ

ールに対応しているようです。

出力端子にHDMIを搭載し、1080Pの出力とSDからのアップスケ

ーリング、24bit/192kHzの6ch DACも内蔵しているようです。

また、2.1chのスピーカーセットでで5.1chを実現するバーチャル

サラウンド機能なども搭載しているようです。

BD や HD-DVD と言う訳ではないのですが、現行の構成でなかな

かのコストパフォーマンスを示しそうな製品のように思えます。

実際、どのような製品としてリリースされるか解からないのですが

どんな製品としてリリースされるか楽しみです。

○ メーカーサイト
  パイオニア 

音楽再生


|

« ○ 独り言 | トップページ | ○ 免疫と耐性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/6045722

この記事へのトラックバック一覧です: ○ DVDプレイヤー:

« ○ 独り言 | トップページ | ○ 免疫と耐性 »