« ○ 音を聴く環境 | トップページ | ○ 独り言 »

2007年3月31日 (土)

○ 1TBのストーレージ

 数年前から、HDDレコーダも1TBの容量を持つ製品がリリース

され始め、1TBと言う容量ももうすぐ普通の容量になりつつあり

ます。まだ巨大と言う印象があるのですが、製品が増えてくると

多分にその容量がメインストリームとなると思いますし、ムーア

の法則のように必然的に増大していくのはストレージの特性とも

言えるかもしれません。

民生機の上位機種では結構あった1TB製品ですが、株式会社アイ

・オー・データから直販で79,800円の製品が先日発表となり、

今年は1TBの製品が増えていくのかなと言う印象を受けます。

 PCでは、現在750GBのストレージが発売されているので、

3TBなどのRAIDを組む事が可能で、TBと言う容量は決して珍し

いモノではないのですがHDDの単体では、TBの単位に到達した

製品はまだありませんでした。

しかし、先日、ついに1TBの大台に乗った製品がリリースされま

した。日立から発売された

HDS721010KLA330

と言う製品なのですが、200GBのプラッタを利用した32MBと

言う巨大なキャッシュを持たせた製品で、

・ 最大内部転送速度1,070Mbits/s(133.8MB/s)
・ 平均シークタイムがリード時8.5ms
・ ライト時9.2ms
・ 動作音量 アイドル時29dB、シーク時32dB

と言う性能を持つシリアルATA接続の製品になっています。

最近販売されているシリアルATA接続製品は第2世代の製品

なので最大転送速度は3Gbpsとなっています。(下位互換

をしているので、第一世代でも機能はしますが、転送速度の

上限が半分の1.5Gbpsになります。)

価格は5万円台前半と言うプライスとなっているようです。

動画を扱う場合、ソースの2倍以上の容量を必要とする事と

スワップ領域(WINDOWSで言う所の仮想メモリー)をかなり

広くとる必要があるので、そういった意味でも容量はあれば

あるだけいいと言う状態なので、必要な製品と言えるかもし

れません。

何よりも、今まで外付けのHDDケースで構成できる容量は3T

B(750GBx4)と言うモノだったので、これが4TBになるの

で魅力的ですよね。RAID 5でも2TBの容量を確保できるので

そういった意味でも魅力を感じます。

自作ユーザーだと、電力を気にされると思うのですが、HDDの

数量を抑えて容量を確保できるので、250GBx4、500GBx2

などと比較すると、確実に1TBx1のほうが電力消費は少ないの

でコスト度返しで容量と電力消費を抑えにいく事を考えると、

大容量ストレージは魅力的なもののように思えます。

動画では、個人レベルでもハイビジョン映像を扱う事ができる

状態になっていますし、480/60Pなどの非圧縮32bit カラーで

32bit 96KHz や 24bit 192KHz などの音で構成すると、本当

にSDのソースなのか?と思うような容量になるので個人的には

待っていた製品が出たなと言う感じです。

|

« ○ 音を聴く環境 | トップページ | ○ 独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/5922040

この記事へのトラックバック一覧です: ○ 1TBのストーレージ:

« ○ 音を聴く環境 | トップページ | ○ 独り言 »