« ○ フォーサーズ関連 | トップページ | ○ ワイヤレスUSB »

2007年2月28日 (水)

○ AMDのHDMI・HDCP機能搭載チップセット

 PCでよくオンボード機能と言うものを目にすると思いますが、

この機能はチップセットと呼ばれるパーツの機能だったりします。

チップセットはセットと言う位ですから2個イチになっていて、

ノースブリッジとサウスブリッジと呼ばれるパーツの制御を行う

チップ群で構成されています。基本的には冷却用のヒートシンク

などで隠れているのでどんな型番の何かは確認する機械はないの

ですがかなり根幹の部分のものである事には違いありません。

チップセット性能もかなり向上しており、数年前のマザーボード

でもサウンドで5.1ch。モノによっては、IEEE1394などもサポー

トしているものもありますが、バス接続の製品と比較すると全く

遅いのですが、年々速度や性能が向上しているVGA機能と言うも

のがあります。この部分は、演算速度などではなくユーザーの使

う機能を担っている部位なので、

「 OO FLOPSを越えた 」

など、ユーザーによってはあまり興味のない部分とは違い、

「 グラフィック性能 」
「 サウンド性能 」
「 利用できる入出力端子 」

など、目に見えるので結構解りやすい部分とも言えます。

今回は、そのチップセットのお話なのですが、AMDから新しく

ビデオ機能統合型チップセット 

「 AMD 690 」

シリーズが発表になりました。

ラインナップは、

 ・ AMD 690G
 ・ AMD 690V

の2種類となっています。

グラフィック性能は、RADEON X700ベースでX1000シリーズ

相当の動画高画質化機能「Avivo」を付加したものが採用されて

おり

それぞれ、クロック差のある

 ・ AMD 690G  ・ AMD 690V
 ATI Radeon 1250   ATI Radeon 1200

が搭載されています。

この製品では、ノースブリッジにオーディオ機能を持たせる事に

よりオーディオ信号をHDMI経由で出力できると言う特徴がある

他、HDMIを搭載したマザーボードの場合、HDMIとDVIの同時出

力が可能でPCIEcpressx16のVGA搭載時には、最大で4つのディ

スプレイに表示が可能となっています。

最大表示解像度は

・ HDMI 1,920×1,080ドット
・ DVI 2,560×1,600ドット(Dual Link)
・ D-Sub15PIN 2,560×1,600ドット

となっています。

基本的に、このノースブリッジが、

 ・ HDMI
 ・ HDCP
 ・ ビデオ機能

を担う形になっているようですね。

対応CPUは、Socket AM2のAthlon 64/Sempronシリーズで、

メモリはDDR2-667まで対応しています。

ちなみに、上記機能はノースブリッジでサウスブリッジの

SB600では、

 ・ シリアルATA x4
 ・ パラレルATA
 ・ SUB 2.0 x10
 ・ PCI

をサポートしているようです。

HDMIと言うと外部のボードかPCでは暫く付かないかなと言う感

じだったのですが、あっさり付いてしまっていますし、昨年末に

登場したばかりのHDMI 1.3準拠のHDMIをサポートしているあた

りもなんだか凄い事になっているなと言う印象を受けます。

ある種、オーディオ性能を上げると結構機能が良さそうなのでデ

ィスプレイと継っているだけのPCではなくそれ以外の使いかたも

考えたくなる構成かなと思います。

○ メーカーサイト
  AMD

|

« ○ フォーサーズ関連 | トップページ | ○ ワイヤレスUSB »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/5518230

この記事へのトラックバック一覧です: ○ AMDのHDMI・HDCP機能搭載チップセット:

« ○ フォーサーズ関連 | トップページ | ○ ワイヤレスUSB »