« ○ 記録型BDドライブ | トップページ | ○ PCI Express 2.0 正式版仕様が決定 »

2007年1月16日 (火)

○ 円柱型のVaio 登場

CESのプレカンファレンスでも、ひときわ目を引いていた円柱型VAIO

ですが、やはりリリースされるようですね。

VGX-TP1

と言う製品なのですが、今年はVistaがリリースされることもあり、OS

はWindows Vista Home Premiumとなっています。

270×91mm(直径×高さ)/重量約3.7kgと言う小型PCで、HDMI出力を搭

載し、HDMI端子搭載TVをディスプレイとして利用できる他、付属のDV

I変換コネクタを介してPC用ディスプレイにも接続可能となっています。

○ VGX-TP1スペック

CPU  Core 2 Duo T5500(1.66GHz)
チップセット  Intel 945GM Express(ビデオ機能内蔵)
HDD  160GB
メモリ  1GB(最大2GB)
光学ドライブ  ±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ
チューナー  地上アナログチューナ×1
インターフェイス  USB 2.0×4、IEEE 1394(4ピン)×1、
 SDカード/MMC/メモリースティック(PRO)対応スロット
 IEEE 802.11b/g無線LAN、ミニD-Sub15ピン
  S/PDIF(光角型)×1、AV入力端子
付属品  タッチパッド/FeliCaポート搭載ワイヤレスキーボード、 リモコン

上記スペックが店頭販売用のものとなり、店頭予想価格は約13万円前後に

なるようです。また、同社の直販サイトでは、CPU、HDD、光学ドライブ、

Officeの有無などを選択可能でBTOにより最低受注価格は10万円前後から

構成が可能となっています。

また、関連製品で、円柱型をした地上デジタルチューナー

VGF-DT1

が出るようです。

この製品は、地上/BS/110度CSデジタルTVチューナとなっており、対応OS

は、Windows XPとVistaのみとなっています。単体でHDDレコーダやTVな

どに接続し、外付けチューナとして使用できるほか、EthernetでPCと接続し

てデジタル放送の視聴/録画が可能となっています。LAN接続のVaio以外のマ

シンでもこの絹は利用できるようですが、ソニー製以外のVista搭載PCでの

使用については近日サポート予定とのことです。

また、録画/配信モードはDR(24Mbps)/HR(12Mbps)/SR(8Mbps)/LR(4Mbps)

が用意されてるようです。

PCでデジタル放送を視聴するには、HDCP対応のDVI端子およびディスプレイ

が必要となります。これは次世代DVD(BD-ROM,HD-DVD)でも同様なので

今後は必須条件となると思います。著作権保護プロトコルにはDTCP-IPを採用

しているようです。

インターフェイスはEthernet、D端子、Sビデオ出力端子、S/PDIF出力、B-CA

Sカードスロットを搭載し、本体サイズは270×270×51mm、重量は約1.7kg

となっています。

また上記2製品をセットにした、VGX-TP1DTと言う製品も用意されるようです。

○ メーカーサイト

  

ソニーのホームページ

○ 製品情報

  

VGX-TP1

  

VGF-DT1 

 

|

« ○ 記録型BDドライブ | トップページ | ○ PCI Express 2.0 正式版仕様が決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/4952005

この記事へのトラックバック一覧です: ○ 円柱型のVaio 登場:

« ○ 記録型BDドライブ | トップページ | ○ PCI Express 2.0 正式版仕様が決定 »