« ○ メンテナンス...。 | トップページ | ○ 麺を作る製品 »

2007年1月28日 (日)

○ モノ作りTOY

玩具というと対象年齢が低いものですが、対象を選ばなそうな

ものもリリースされているようです。

 ” ろくろ倶楽部 ”

と言う製品なのですが、この製品は特殊な年度を使うことにより

家庭で陶器作りができてしまうと言うものです。

と言うか、この玩具の恐ろしい所は、ごっこではなく、家庭にあ

る電化製品で陶器を完全に焼ける事です。

シルバーアクセサリーのキットなんかで、粘土状の銀で形状を作

り焼いてと言う代物がありますが、そう言った創作系の

 ” もの作り ”

 

のキーワードでくくることのできる製品となっています。

また、製品名が語るように、

 ” 電動ろくろ ”

を使って成形します。

焼物体験などをさせてもらうと、ろくろだったり、棒状に成形

したものを ”とぐろを巻く ”ように成形していく方法でそれ

を体験できるのですが、乾燥や焼きと言うと素人ができる作業

ではないので、お任せするしかないのですが、この製品では、

特殊な粘土でオーブンレンジで3度乾燥させれば素焼の素朴な

風合いの陶器ができると言うものです。

この、ろくろ倶楽部ですが、TOYフォーラム2007にて関連

新製品が公開されているようです。

このキットでは素焼しか作れないのですが、今回発表されてい

たのは、

○ 新色の専用土 (桜色、水色、白色)
○ ガラスコートうわぐすりセット
○ 絵付けセット

などです。

専用土は語るまでもなく、色が変われば焼あがりの色が変化する

のでこれによりベースカラーのバリエーションが増えます。

”うわぐすり”と言うのは、コーティングと思ってください。通常

土を焼くと素焼のようにざらついた状態になります。食器などを

見ていただくと表面が滑らかで光沢がある状態にあると思います。

これはうわぐすりを塗ってあるからだったりします。

これにより、光沢のある陶器を焼けるようになります。

また、は、絵柄を入れる事のできる製品で利用する

と絵柄を入れることが可能となっています。この製品は食品衛生

法に適合させてあるようです。

また、参考出展扱いらしいのですが、焼く難易度があがるので上

級者向けらしいのですが、1000度で焼けるレンジ釜なんて言う

モノもあるようです。

 慣れが必要な感じのする製品ですが、物を作る楽しさを体験で

きる子供だけでなく大人も楽しめそうな製品ではないかなと思い

ます。ちなみに価格は、

 ろくろ倶楽部   (10,500円)
 ろくろ倶楽部専用 土   (1,890円)
 ろくろ倶楽部専用 絵付けセット   (2,100円)
 ろくろ倶楽部専用 専用うわぐすり   (630円)

となっています。

 ○ メーカーサイト
   タカラトミー
 ○ 製品情報
   ろくろ倶楽部

  

|

« ○ メンテナンス...。 | トップページ | ○ 麺を作る製品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/5115462

この記事へのトラックバック一覧です: ○ モノ作りTOY:

« ○ メンテナンス...。 | トップページ | ○ 麺を作る製品 »