« ○ 男女別“カロリーゼロ”のコカ・コーラ | トップページ | ○ 富士フィルム FinePix S5Pro サンプル公開 »

2007年1月26日 (金)

○ KNOPPIX5.1.1 CD/DVD 日本版 リリース

半年ぶりにCD/DVD-BOOTのLinux ” Knoppix ” がバージョンアップ

されました。

KNOPPIX5.1.1 日本版では、

○ 3Dデスクトップ beryl+emerald の収録
○  cloop 2.05block buffering機能搭載
○ LCAT(Live CD Acceleration Tool kit)適用
○ mkbootdev 収録
○ UNIONFS
から AUFS に変更

と言う感じになっています。

まず、最初の3Dデスクトップですが、ビデオカードなどの状況によっては

動かない可能性があるのですが、初期表示の時に

boot: knoppix desktop=beryl

を入力すると3Dデスクトップが利用できるようです。また、起動後にデス

クトップを入れ換えても、

# beryl --replace & emerald --replace &

で3Dデスクトップが利用できます。

block bufferingLCATの適応によって高速化が計られているようです。

LCATは日本語版のみ適応されているようです。

mkbootdevですが、これは実験的に搭載された機能で、USB BOOT可能

なKnoppixを作成できるツールです。英語版ですが、インタラクティブなメ

ニュー選択で

 syslinux
 kerenel
 miniroot
 cloop file

をUSBメモリに入れて起動可能にします。ただし、これで作成したUSBメ

モリーからKnoppixを起動させるためにはBIOSで、USBメモリー起動に

対応している必要があります。また、syslinuxの制限で 8GB 以降にブート

に必要なファイルがあると起動できない  ので注意が必要です。

最後のはCD/DVD上で書換え可能にする機能の変更になっています。

個人的に気になるのは、速度向上USB BOOTバージョンの作成可能と言う

所ですね。USBブートで言うと、確かセキュリティー機能のあるメモリーだ

とUSB ブートができないという怪しげな現象が起きるような噂を聞いた事が

あるのですが、やはりメモリーはセキュリティーレスの製品を選ぶ必要がある

んですかねぇ...。このあたりも少し気になります。

ただ、CDの回転音だったり、HDDのシーク音などが気になる人や静穏と言う

意味ではこのメモリー起動って魅力を感じられるかも知れませんね。

また、CD/DVDメディアとUSBメモリーを持ち歩くだけでBIOSの設定の必要

がありますが自分のデスクトップ環境を持ち歩けると言うのも魅力のひとつ

かも知れませんね。

■ 関連サイト
独立行政法人 産業技術総合研究所(Knoppix 公式サイト)



|

« ○ 男女別“カロリーゼロ”のコカ・コーラ | トップページ | ○ 富士フィルム FinePix S5Pro サンプル公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/5078679

この記事へのトラックバック一覧です: ○ KNOPPIX5.1.1 CD/DVD 日本版 リリース:

« ○ 男女別“カロリーゼロ”のコカ・コーラ | トップページ | ○ 富士フィルム FinePix S5Pro サンプル公開 »