« ○ ベージェで遊ぶ | トップページ | ○ ネタがないので...。 »

2006年11月27日 (月)

○ ネタがないので

書く事を色々探してもない日というものがあったりします。

今日は丁度そんな日で、何書こうかと思ったのですがやっぱりネタがない

ので、ラジオシティーのテスト結果を載せる事にしました。

3DCGのレンダリング方法と言うと、大昔からあるスキャンラインと、レ

イトレーシングとグローバルイルミネーションですよね。

ラジオシティーはこのグローバルイルミネーション( 後 GI )だったりします。

最近では殆どのレンダラーで使えるパストレーシングのもの GI だったりし

ます。

とりあえず、現在フリーのレンダラーなどでも、GIが使えるようになってい

るのですが、Shade 6 Spirits のラジオシティーを使ってみることにしまし

た。

とりあえず、ラジオシティーとと言うと、レイトレーシングと違い重いので

少しでも軽くする方法はないかなと思い今回はライティングを考える事にし

てみました。

最近のレンダラーには、IBL(イメージベースドライティング)と言うものが搭

載されておりHDR(ハイダイナミックレンジ)素材を読み込んで使ったりできる

のですがこのソフトには付いていません。

とりあえず、このソフトのライティングのTIPSでは複数のドーム状線光源や

点光源、もしくは複数の面光源と言うものを利用して写真を撮る時の人の作っ

た光を配置する手法があります。

今回はそれを使わずに、環境光の複数光源でやってみたらどうなるだろうと思

い行ってみました。

今回は相当アバウトに作ったオブジェクトを配置し、斜め後方にあたる位置に

メインの光源を入れ強い照射をさせ前方の左右から効いているかどうか微妙な

ライトを空間が白とびしないように配置しました。

レンダリングは分割数を変えずデフォルトのままで、ラジオシティーで計算さ

せて分散レイトレーシングでレンダリングしてみました。

今回はテストと言うことで、表面材質は設定せず、真っ白のままレンダリング

したのですが、不思議な現象に遭遇しました。

それは、自由曲面の一部が黒くなっていると言うことです。

多分、ポリゴンに変換したり調整をすれば直るものなのでそれほど気にはかけ

てませんが、不思議な現象だなと.... 。

とりあえず、レンダリングした結果はこんな感じです。

_image
思いっきりアバウトですが、こんな感じになります。

レンダリングはCeleronDのマシンで900秒弱という

感じでした。

とりあえず、レンダリングしてゲインやガンマなどの調整をして再レンダリン

グと言う感じで、やってみたわけですが、ラジオシティーで自由曲面を使った

割には速かったかなと言う印象を受けました。

製    作 : E-Frontia Shade 6 Spirits

リサイズ : Adobe Photshop Elements 3.0



|

« ○ ベージェで遊ぶ | トップページ | ○ ネタがないので...。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/4326010

この記事へのトラックバック一覧です: ○ ネタがないので:

« ○ ベージェで遊ぶ | トップページ | ○ ネタがないので...。 »