« ○ 紅葉 | トップページ | ○ 赤いフレーム »

2006年11月17日 (金)

○ デジカメの写真の保存方法

デジカメで写真を撮ると大抵の場合、Jpegで保存されます。

デジタル一眼レフや一部デジカメでは12bitのRAWをサポートしていたり、

製品によっては、Tiffなどもサポートしているモノもあります。

この保存される形式であるjpegは圧縮されたフォーマットで、開くごとに

劣化すると言う物凄く不都合な要素を持ち合わせています。

もしもマスターがJPEGだと閲覧を繰り返す程にそれが劣化すると言う考え

られない事になります。

とりあえず、僕の場合、撮った写真をPhotshop Elements でPSD形式に

するか、別のソフトだと、TiffもしくはBMPにして保存するようにしてい

ます。

デジカメで写真を撮ると、結構な枚数写真が溜ってしまうので変換作業も

手作業でやってしまうと終わり倒してしまうのですが、Photshop Eleme

ntsにはバッチ処理と言うモノがあり、画像フォルダと保存先フォルダを

指定し、保存するファイル形式などを決めると、フォルダ内のファイルを

自動処理でファイル変換してくれます。

つまり、

Jpeg → PSD

なんて言う作業をGUIをわざわざ利用して行わなくてもできてしまうと言う

ことです。

また、この機能には簡易的な画像処理も加えることが可能で、同製品の機能

にある

" 自動○○  ( レベル補正/コントラスト調整など) "

も加えることが可能です。

基本的に画像を開かずに処理するので、デジカメに容量が大きめな記録媒体

を付けて枚数を撮る人だとこの機能は便利だと思います。

他の製品似もバッチ処理があるのかもしれませんが、使ったことがないので

よく解りません。 (・_・;)

ただ、PSDなどのファイルに変換するとJpegとは比較にならない程大きな

サイズになるので、枚数がある場合、ある程度の容量を確保しておく必要が

あります。

|

« ○ 紅葉 | トップページ | ○ 赤いフレーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/4217860

この記事へのトラックバック一覧です: ○ デジカメの写真の保存方法:

« ○ 紅葉 | トップページ | ○ 赤いフレーム »