« ○ 1TB4万円代の時代 | トップページ | ○ 手書きで3D »

2006年10月25日 (水)

○ バッファローのRAID

内蔵型の500GBのHDDが2万円台になったという事を書きましたが、

RAIDも物凄い事になってますね。

バッファローは11月中旬に外付けのUSB/eSATA対応のRAIDを発売し

ます。製品はRAID 0/1/5に対応しており、1TBモデルの

【 HD-Q1.0TSU2/R5 】

が83,580円、2TBモデルの

【 HD-Q2.0TSU2/R5 】 

が156,345円となっています。

この製品は、RAID5設定があることから尾わかりだと思うので

すが、4台のHDDを搭載した製品になっています。

1TBは、250GB x4 2TBは、500GB x4 と言う構成になって

います。

また、4つのディスクを1つの大きなディスクとして扱える

【 スパニングモード 】

や、個別に4つのHDDを利用する事も可能なようです。

と言うか、遂に1TBのRAIDが10万円切ってしまいましたよ。

個人でHDVとか扱われる方だと2TBのほうが魅力的に感じられ

るのかもしれませんが、それでも20万を切る状態です。

チップセットがしっかりとSATAをネイティブにサポートしてい

る環境であればこの外付け製品はかなり魅力的かも知れませんね。

ちなみに、対応OSはWindows 2000/XP/Server 2003、およびMac

OS X 10.2.7以降となっています。ただしMac OSはUSB 2.0のみに

対応となっているようです。

PCwatch の記事によると、RAID 0 、RAID 5 の構成でeSATA接続で

実測で100MB/secの速度が出たと記載されています。

|

« ○ 1TB4万円代の時代 | トップページ | ○ 手書きで3D »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/3951595

この記事へのトラックバック一覧です: ○ バッファローのRAID:

« ○ 1TB4万円代の時代 | トップページ | ○ 手書きで3D »