« ○ バッファローのRAID | トップページ | ○ フィッシュアイコンバータ »

2006年10月27日 (金)

○ 手書きで3D

ラインで描いた形状が立体化されてオブジェクトになる。

こう言うソフトと言うと、Shadeの機能の一つである

【 MAGICAL SCATCH 】

があります。ただ、この場合ソフトウェアを購入しなくては

ならないのですが、フリーウェアでもソレがあり、あす。

【 Smooth Tediy 】

と言うソフトなのですが、このソフトは通常ポリゴン・NUR

BUS・ベージェなどを一切使わず、直感的に形状を作れ

てしまうと言う面白いソフトです。

ある意味手書きのような代物をポリゴンやNURBUSなど

で整形しようと思うとありえないくらい難しいのですが、元

々手書きがその形になるソフトだと味のある特殊な形状

を扱う事が可能になるわけです。

お絵かき感覚で3D形状が生成でき、2D画像として出力

できると言うお手軽さはなかなかいいなと思います。

また、このソフトはインストール前にJAVAランタイムをイ

ンストールしておく必要性があるようです。

( と言うか、このソフトの製品版がマジカルスケッチのようで

  すね。 )

 

製作者の五十嵐 健夫氏のホームページには、このソフト

のほかに、3Dオブジェクトに直感的にモーションをつける、

【 アニメーション作成システム(Squirrel)  】

オブジオクトに服を着せる

【 3次元着せ替え(Sweater)  】

と言う非常に興味深いソフトがおかれています。

また、ソフトウェアとして配布されているものではないのですが、

【 物体の堅さを表現した2次元形状の操作手法 】 

と言うコンテンツがあり、その中では 2次元形状をつかんで自由に

回転・移動したり変形したりすることのできる手法が提案されてい

ます。

ある意味、こう言った映像ってコンポジットで作る事は出来ますが

ソフトウェアで動いてしまっていてしかもリアルタイムに操作できて

しまうのですから物凄いテクノロジーですよね。

teddyにしても敷居が低く設定されているように感じるので3Dをは

じめて触る方でも難易度が高いと思わずに使えそうなソフトである

ように思います。

■ ソフトウェアのページ

  

 SmoothTeddy: Quick 3D Modeling and Painting

■ 製作者(五十嵐 五十嵐 健夫氏)のホームページ

  五十嵐 健夫のページ

  
 

|

« ○ バッファローのRAID | トップページ | ○ フィッシュアイコンバータ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/3972400

この記事へのトラックバック一覧です: ○ 手書きで3D:

« ○ バッファローのRAID | トップページ | ○ フィッシュアイコンバータ »