« ○ オトフレーム | トップページ | ○ スーパーハイビジョン »

2006年10月 4日 (水)

○ ハイビジョンへのシフト

 今まで、ハイエンドやプロシューマではラインナップ

されていたハイビジョン撮影が可能なハンディーカム

ですが、コンシューマ製品も各社がリリースを始めま

したね。

コンシューマ製品で言うと、SONY の HC-1 が一番最

初で、SONYのみがHDVカムをリリースすると言う状

態でした。

ただ、あの頃は、XEON DUAL ( HT設定 ) などでな

くてはならず、正直、個人には物凄く敷居が高いと言

う感じでし、保存も、フルD1へのダウンコンバートを行

なうか、もしくは、再生環境を思いっきり選んでしまう、

WMV HDなどでした。

しかし、フルD1だと画質が落ち、WMV HDだとエンコ

ードが物凄く時間が懸かり、しかも再生環境を選ぶと

言う状態です。

また、この機種は1080i(HDV規格だから1440x1080)

と言うサイズ録画を行ないます。それは実にフルD1の

4.5倍の密度を持っています。

写真などでもそうなのですが、画像サイズが変化する

とその分処理と言うモノは重くなるのですが、このHDV

も例外なく物凄い重さを発揮していました。

また、ハードウェアエンコーダボードと言うモノがプロシ

ューマ用のものしかなく、速度向上が見込めないと言

う感じでした。

思い出すに、初期のDVDがこんな感じだったような気

がします。MPEG2(フルD1) になった時密度が増えて

エンコードが物凄く時間が懸かっていた状態がコレに

酷似している気がします。

しかし、現在では、マシン性能も上がりエントリーモデ

ルで DVカム ( DVコーディック ) や DVDカム 

( フルD1サイズのMPEG2_PS ) などの編集を行な

うほどではないにしろ、以前のありえない状況からは

脱却しつつあるように思います。RAID環境に関しても

信頼性のあるSCCI環境で構築したりSATA+ESATAで

構成するとまだ割高感はあるのですがATA構成と思わ

れるモノであれば安くはないものの意外と割安感は出

てきていますし、完全にその速度が発揮出来ていると

は言い兼ねるのですがPCのマシンパワーが当時と比

較すれば別次元のモノになっています。

そういう意味では、内臓か外付けかでRAIDの必要性

があるのですが、ソフトウェアも良くなり、対応ソフトも

増え環境が整いつつあるように思います。

そして、今年に入って、AVCHDと言うフォーマットが生

まれました。まだ編集環境がまるっきり無いと言っても

過言ではない状態なのですが、次世代DVDと同一のコ

ーディック、【 H264.AVC 】と言うMPEG4コーディックが

利用されています。このコーディックはPSPやiPODの

動画でも利用されているので耳にする機会は多いと

思うのですが、このコーディックで720Pと1080iをサポ

ートしています。

このフォーマットの特徴は、現在で出回っているDVD

やHDDやメモリーに記録できると言う事です。

まず、注目したいのはやはりDVDの部分ではないかと

思います。メディアは現状のDVDカムと全く一緒のモノ

でありながら高圧縮コーディックなので低ビットレートで

も高画質を可能にしていると言うのがこのフォーマット

の売りです。そして高圧縮コーディックであるのでハイ

ビジョン画像を納めることも可能になったと言うわけ

です。そして、このコーディックはMPEG4と言うコンテ

ナファイルに入れられたフレーム単位で編集可能な

モノであると言うのも売りの一つではないかと思います。

HDVコーディックの場合、GOPと言う15フレームを1単位

としたモノで構成されています。

一つのIフレームに対し方向予測を用いるBフレームと、

一方向の動き補償予測を用いるPフレームを用いてい

るのですが、この状態だと15フレームごとのカット編集

になるので、一旦ソレをフレーム単位で編集できる状態

にする必要性がありました。また、フロッグと呼ばれる、

1GOP単位で吹き飛ぶと言う事象が時々発生する事もあ

り撮り方には注意が必要でした。

ただ、このコーディックの場合GOP単位ではないので

もしも編集ソフトがサポートを始めれば、編集作業自体

は難しくなくなるのではないかと思われます。

ただ、これも初期のHDVと同様な状態で、アクセラレー

ションが効くハードウェアエンコーダと言うモノが殆どあ

りません。

レビュー記事などでバッファローのH264記録型のテレビ

チューナーBOXが取り上げられていましたが、ソフト的な

問題があるのか速度が劇的に変化すると言うモノではな

いようです。

ただ、再生で言うとこのフォーマットは悪くないかなと思い

ます。

まず、既存のDVDに記録できる訳ですから、バックア

ップメディアが安価であると言う事が言えます。DVD記

録タイプのメディアよりも通常サイズのメディアのほうが

容量が大きいです。

最近ではレーベル印刷が行なえるメディアの1枚アタリ

の単価も落ちています。そして、何よりソレに記録しても

画素数の変化が無いと言うのもメリットでしょうね。

そして、SONYが打ち出した、自社製のBDディスクプレ

イヤーでのAVCHDのサポート。

PS3と言うハードで、DVDカムで記録したものもそうで

すが、HDD記録タイプの製品からPCを経由して焼いた

DVDの再生も出来るようですから、再生環境としては

ある程度入手しやすい状態ではないかと思われます。

キャノンが世界最小最軽量のHDVカムのしシースをし

SONYはAVDHDカムをリリース。そしてPANASONICも

年内にSDHC対応の3CCDAVCHDカムをリリースしま

すし、ビクターも来年にはフルハイビジョン3CCDハンデ

ィーカムのリリースを予定しています。

放送においても、地上デジタル放送のエリアも広がり

つつありますし、今年に入って次世代DVDを搭載した

デッキなどもリリースされハイビジョンがムーブによっ

てダウンコンバートされずにそのまま記録できると言

う環境も提供され始めています。

そう考えると、確実にハイビジョンへのシフトが始まり

つつあるのかなと言う気がします。

|

« ○ オトフレーム | トップページ | ○ スーパーハイビジョン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/3685364

この記事へのトラックバック一覧です: ○ ハイビジョンへのシフト:

« ○ オトフレーム | トップページ | ○ スーパーハイビジョン »