« ○ WMVでの取り込み | トップページ | ○ ffdshow »

2006年10月24日 (火)

○ HDR

先日、HDRの事でオートブランケットで複数枚撮ればと言う事を書い

たのですが、この場合、静止した物に限定されるという条件が入りま

すね。動体だと同一のフレームの中に同一の絵として保存できない

ので、同一のライティングで動体が少ない風景に限定されるという事

になります。

また、銀ボール撮影の方法や、魚眼についても同様のことが言える

のではないかと思います。雲があり強い横風が吹く日だと、雲は物

凄い速度で流れているのでいくら高速でシャッターを切るオートブラ

ンケット機能を使ったとしても、最初の方の絵と最後の方の絵では空

の表情が違う可能性が出てきます。

また、感度は上げない方がノイズが乗らないので( それでも出る機種

だと諦めるしかありませんが・・・。 )感度を下げて撮ると言うのが必要

かなと・・・。

とりあえず、書き忘れてたので書いてみました。

また、レタッチソフトを使って合成をしていきダイナミックレンジを変える

方法もあったりしますが、基本的にHDRと言うのはハイダイナミックレン

ジなので24bitの画像と言う事になります。通常のJPEGでも組み合わせ

れば悪く感じないモノになるのですが、8bitソースを24bitBMPにしても、

劣化は抑えれることはあっても8bitなので期待は出来ません。

通常のデジカメの場合JPEGなので特にそんな感じですよね。

CGの場合、8bitの擬似HDR素材でのライトと、HDR素材でのIBLテストを

やった事が無いので実際にはどの程度の違いが出るのかは解らないの

ですが、もの的には異なります。

|

« ○ WMVでの取り込み | トップページ | ○ ffdshow »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/3934388

この記事へのトラックバック一覧です: ○ HDR:

« ○ WMVでの取り込み | トップページ | ○ ffdshow »