« ○ FUJINONレンズ採用 HDD記録型フルハイビジョンハンディーカム | トップページ | ○ エンコードその2 »

2006年9月29日 (金)

○ エンコード

フリーでダウンロードできる

【 WINDOWS MEDIA ENCORDER 】

でも、コーディックを新しくする必要がありますが、フルハイ

ビジョンのサイズでエンコードできたりするんですよね。

とりあえず、

 CeleronD 330
 Intel D865GLCL (865G Micro ATX)
 DDR400 256MBx2 Dual Ch リテール
 ATI RADEON 9000 AGPx8 64MB DDR バルク
 MAXTOR  ATA 133 80GB 7200rpm

と言う環境で、30秒ほどの映像を使ってエンコードをし

てみました。

今回は8Mbpsの1920x1080と言うサイズのWMVファイ

ルにしました。

今回はフルD1の30秒程度の画像からそのサイズの画

像にするのをやってみました。

とりあえず、最初に

【 止まらないのか? 】

と言う不安に感じたのですが、初戦は30秒のDATA。

止まる事無くエンコードまで辿り着きました。

ハイパースレッドすらないシングルコアのCPUですから

CPU使用率は常時97%オーバー。

止まったりしないか見届けながらそのまま放置・・・。

秒数が短いせいか、別の条件のおかげか意外とスム

ーズに流れていきます・・・。

ただ、決して速くはないですが・・・・。

今回は2PASSで処理をしているので少し時間が懸かっ

たのですが、30秒のファイルで、1秒あたり1分のエンコ

ード時間を要したと言う感じです。

・・・・って、全然速さの片鱗すらないですね・・・。

    : 
    : 
    : 
    : 

1分のエンコードが1時間・・・。

    : 
    : 
    : 
    : 

ありえませんね・・・。

    : 
    : 
    : 
    : 

 

容量は30秒で33MB弱。

つまり1秒1.1MB程度と言った感じです。

1分で66MBですから1時間で4GB弱と言う計算ですね。

単一層のDVD1枚が埋まりかける容量です。

とりあえず、再生をしてみると・・・。

流石にハイビジョンを再生するには、

 Pentium4 3Ghz以上 (HT推奨)
 512MB以上のメモリー
 128MB以上のVRAMを持つVGA

と言う条件に記されている通り、コマ落ちが激しかっ

たです。と言うより、音だけ進んでいって、映像自体

は紙芝居状態でした。

( 1フレーム表示する間に数秒の音声が先行して進んで行って、
  トータルでも数フレームしか出てこない状態 )

FULL D1 → ハイビジョン は出来たのですが、こ

れが

 720P → 720P

 1080i  → 1080i

などで長時間だとどうなのかな?と言う感じはありま

すね。この辺りは確認が出来ていないので何とも言

えません。

とりあえず、この状況でのこのサイズでのエンコード

は可能だと言う事は判明しました。

|

« ○ FUJINONレンズ採用 HDD記録型フルハイビジョンハンディーカム | トップページ | ○ エンコードその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/3627119

この記事へのトラックバック一覧です: ○ エンコード:

« ○ FUJINONレンズ採用 HDD記録型フルハイビジョンハンディーカム | トップページ | ○ エンコードその2 »