« ○ エンコード | トップページ | ○ 物凄く気になること・・・。 »

2006年9月30日 (土)

○ エンコードその2

 とりあえず、短時間のDATA ( ワンショットくらいの

長さの物  ) のエンコードは行なえたので、少し長

めの物を円コードしてみることにしました。

エンコード環境は、

 Pentium4 3.0EGhz ( ハイパースレッド )
 Asus P4P800E Delux ( Intel 865P ATX )
 DDR 400 512MBx2 Dual Ch
 Elsa Gradiac 534 128MB ( GeforceFX 5200 128MB )
 MAXTOR ATA133 250GB 7200rpm x2

と言う環境です。

エンコードは、前の30秒程度のものと同じ状態。

そして、始めてみると、1PASS目は順調に推移。

時間も表示されるし問題なし。そして2PASS目・・・。

異常が起きました・・・。

まず、マウスが操作不能・・・。

そして明らかにおかしいCPU使用率・・・。

8-20%って完全にシステム起動だけの状態としか思え

ない・・・。

っそして、時間が経てば終わったと言うメッセージは出

るものの、結果的には0MBのエンコードできていないも

のがファイルと共に生成されているだけ・・・。

やっぱり長時間は無理と言う事が判明。

気をとりおして、8Mbpsを6Mbpsに下げてエンコードする

も、やっぱり同じ症状が出ます。

以前、ハイパースレッドだと一部ソフトウェアだと影響が

出ると言うお話があったのですが、とりあえず、利用する

ソフトウェア上では丸っきり影響が無かったのでこれもそ

うなのかな?と言う感じです。

まだ、シングルスレッド処理でのそれはやっていないので

試してみようかなと思っています。

また、5分~15分位のモノをエンコードしてみてこのマシン

の上限を見てみようかなとも思っています。

ただ、あの超短時間のものだと問題は出ないのですがそ

うでない場合は問題があるようです。

と言うか、未だに落ちる理由は不明なままです。


|

« ○ エンコード | トップページ | ○ 物凄く気になること・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/3637495

この記事へのトラックバック一覧です: ○ エンコードその2:

« ○ エンコード | トップページ | ○ 物凄く気になること・・・。 »