« ○ OEMではないワンセグチューナー | トップページ | ○ 次世代機 »

2006年9月16日 (土)

○ 新機種のお話

 行楽シーズン到来と言う事も手伝ってか続々とデジタル一眼レフの

リリース情報が出ていますね。

先日キャノンから 【 EOS Kiss Desital X 】 が出ましたし

一昨日あたりからリリース情報が続出です。

ペンタックスから、 【 K100D 】 の後継機である 【 K10D 】

と言う製品が10月下旬に発売になるようです。

価格は、ボディーのみが12万円前後。

【 DA 18-55mm F3.5-5.6 AL 】 
が付いたレンズキットが13万円

台半ばのようです。

この機種は、1000万画素の素子を持ち、K10D同様、電磁式の手ブ

レ補正の機構を持っています。そして、この機種にはローパスフィルタ

ーにコーティングと電磁式シフトによるゴミを振るい落とす機構を搭載

しています。

今まで、【 ゴミを落して、手ブレ補正 】 と言うと 【α100】 だけ

だったのですが、そう言う両方の機構を持つ製品がまた新たに出た事

になります。

また、この機種には【 防塵・防滴処理 】が施されています。

防塵・防滴と言うと、【 D200 】などのニコン製品に見られましたが

この価格帯でこう言った機構を持つ製品ははじめてではないかと思い

ます。

また、手ブレ補正に関してはアルゴリズムを改良し、4段分の手ブレ補

正を実現したそうです。

また、一眼レフではないのですが、ライカは 【 ライカM8 】 を11月

下旬にリリースするようです。価格は577,500円のようです。

この製品は 【 Lumix 】  【 DMC-L1 】 のライカブランド製

品ではなく、同社初のデジタルレンジファインダー機となります。

18×27mmの1,030万画素の素子を持ち、感度はISO160~2500のマニュ

アル設定となっているようです。シャッタースピードは最速で1/8000秒。

絞り優先で32秒に対応し、バルブにも対応しているとの事。

ライカブランドと価格が示すように、ボディーはマグネシウム合金製で合

成革巻きの高級感溢れる作りとなっています。

製品のリリースはまだなのですが、オリンパスのフォーサーズ製品の新

機種 【 E400 】 がお目見えしそうです。

詳細は幕張のイベントで公開されるようですが、1000万画素の素子を

持つ製品になるのではないかと言われています。

また、これも何時出るか解らないのですが、モデルチェンジがなかなか

行なわれない 【 E1 】 のフラグシップモデルのモックアップがこの

イベント同時に公開されるようです。

○ ペンタックス
   ( http://www.pentax.co.jp/  )

○ K10D
  ( http://www.digital.pentax.co.jp/ja/35mm/k10d/feature.html  )

○ ライカ( 英語サイト )
  ( http://www.leica-camera.us/ )

○ ライカM8
  (http://www.leica-camera.us/photography/m_system/m8/)

○ オリンパス
  ( http://www.olympus.co.jp/  )

○ 関連情報(オリンパス製品)
  ( http://www.olympus.co.jp/jp/news/2006b/nr060914photokinaj.cfm )


|

« ○ OEMではないワンセグチューナー | トップページ | ○ 次世代機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/3460052

この記事へのトラックバック一覧です: ○ 新機種のお話:

» コンパクトなボディに黒が映えるチョイ悪コンデジ [デジカメ・出磁瓶]
コンパクトなボディに黒が映えるチョイ悪コンデジ [続きを読む]

受信: 2006年9月23日 (土) 04時06分

« ○ OEMではないワンセグチューナー | トップページ | ○ 次世代機 »