« ○ フィルム→デジタル | トップページ | ○ 久しぶりの円高 »

2006年5月31日 (水)

○ 外付けRAID

容量と値段の兼ね合いから考えると少し高いかなぁと言う印象の強かった

外付けRAID製品ですが、意外と値ごろ感のある製品が増えてきましたね。

流石にSCCIや4台以上のHDDを必要とする製品はいまだに高い訳ですが

USB接続の出来る製品に関してはどうしようと言うようなお値段ではなくなっ

てきているように感じます。

以前は10万とかしていたのですが、5万円切るプライスで500GBの容量を

持つ製品( スパニング & RAID構成なし )を導入できるようにましたし、

そういった意味では、大容量の確保と言うのが簡単になったように思います。

最近のマザーボードの大半はチップセットにオンボードRAID機能を持ってる

のでHDDを複数台用意し、OSのインストール時にセットアップを行なえば、

それが行えたりする訳ですが、セットアップに要する時間や作業の煩雑さを

考えると製品で時間を買うと言うチョイスもあるのかなと思います。

ただ、初期プライスで5万切ると言う感じですから値ごろ感が出て来た時に

導入するといいかなと個人的には思います。

|

« ○ フィルム→デジタル | トップページ | ○ 久しぶりの円高 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/2013175

この記事へのトラックバック一覧です: ○ 外付けRAID:

« ○ フィルム→デジタル | トップページ | ○ 久しぶりの円高 »