« ○ 謎・・・。 | トップページ | ○ WINDOWS MEDIA PHOT »

2006年5月26日 (金)

○ BLOGの自由度

出来る事と出来ない事の理解をすればソの中にぞんざいする自由度を遺憾なく

発揮できると言うのは、何をする上においても同じなのかなと・・・。

 WEBの場合、そのサーバの指定したファイル形式と閲覧者が持ち合わせた閲

覧環境によって変化はあるものの、ある程度自由度の高い環境の中でモノが作

れますよね。

 BLOGもDATABBASEとの連動などは不可能ですが、発信だエkに主観を置くと

かなり自由度が高いもののように感じます。

BLOGで行なうような作業をいちいちページを構築してと言う作業を行うとキッチリ

終わりかねませんし、プラグインに依存したサイトのデザインなどが行なわれてい

なければBLOGで事足りる事が多いのも事実かなと感じます。

ただ、一部のファイル形式やコンテンツデザインや性質上WEBスペースと連動した

DATA管理システムが必要な場合はBLOGでどうこうできる訳ではないですが、ある

意味、ポッドキャストなどの放送の配信、映像・画像の取り扱いや文字列の扱いなど

に限定すると、ある意味HTMLなどを記述してそれをFTPで送る作業は実際の所どう

なんだろう?と感じてしまうこともあります。

(流石に企業サイトがなくなり企業ブログになる事は無いと思いますが・・・。)

 閲覧される確立で言うとプロモーションが行なえているBLOGの方が確実に上ですが、

表現力で言うと映像が使えるのでソレほど際はなくなりつつあるものの、特設コンテン

ツの方が作成の制約がなかったり少なかったりする分上なのかなと思います。

ただ、情報発信のツールとして考えた時、ある意味特定コンテンツを独立出来るつくり

のBLOGであったなら、WEBである必要性と言うのは無いのかなと言う事を感じます。

 ある意味、WEBと言うともう少し上のクオリティーだったりWEBでなくてはならない理由

などが無い限りBLOGで事足りる事象があったり、管理などのことを考えてもバックアッ

プが取れていればBLOGで十分と言う事象もありうるように思えます。

|

« ○ 謎・・・。 | トップページ | ○ WINDOWS MEDIA PHOT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99513/1947449

この記事へのトラックバック一覧です: ○ BLOGの自由度:

« ○ 謎・・・。 | トップページ | ○ WINDOWS MEDIA PHOT »